Kult 世界の概観

 "Reality is a lie."
 「現実は虚構である」

 Kult の世界では、我々が知る現実というものは虚構にすぎません。現実とは、人間を卑小な枠の中に閉じ込めておくための、牢獄なのです。
 しかしながら、その牢獄を作り上げた、自らを「創造主」と呼ぶ存在は、長い歳月の間に姿を消してしまいました。今や、真の世界と我々の現実を隔てる壁には、綻びが生じつつあります。
 向こうの世界から、かつて天使や悪魔と呼ばれた存在が、「創造主」の影響から解き放たれ、大半は目的を見失ったまま暗闘を繰り広げ、密かに (時には堂々と) 現実のこちら側へとやってきます。
 一方で、狂気や罪の意識の強さから、現実という幻影を変化させたり、真の世界を垣間見る人間が現われ始めています。

 プレイヤーキャラクターたちは、そういった現実の綻びに触れてしまう「普通の」人間です。
 ちょっとした狂気を持っていたり、罪の意識に苛まれていたり、家族が他人には言えないような秘密を持っていたりしますが、それは、言ってみれば現代人の誇張された姿です。
 少しばかり精神のバランスを崩した人間が、綻びに触れた時、現実は変化し始めます。最初はわずかなズレかもしれませんが、それは次第に大きくなり、遅かれ早かれ、いつか虚構は崩れ去ります。
 真の世界は、人間の正気を奪うに十分な姿を持ちますが、それで終わりではありません。世界に真の姿があるように、人間にも真の姿が秘められています。…そう、まだ、これは始まりにすぎないのです。

 心の奥に押し込めていた恐怖が、物理的な姿を持って現われ、悪夢が現実となって襲いかかります。罪の意識が現実をねじ曲げ、人は自ら作り出した煉獄へと囚われていきます。そして、恐怖は、その者自身の姿形さえも大きく変えてしまいます。

 最後には、現実という牢獄を破った人間は、「光」と「闇」という本質に向かい、突き進みはじめます。それは人間の価値観を超え、神 (悪魔) の領域に踏み込んでいくのです。「創造主」が怖れたように…。

 「クトゥルフの呼び声」+「真女神転生II TRPG」+「深淵」+「Dark Conspiracy」。一言で言えばそういう感じです。
 非常に贅沢にホラーの要素を取り込んだ RPG と言えますし、世界設定がそれらすべてを包含するように用意されています。
 最初のシナリオは、ルールブック付属のシナリオのように陰謀がかったものでも、スプラッターでも、サイコホラーでも、十分に対応できます。しかし、キャンペーンシナリオを念頭に置いたルールが用意されているわりには、このゲームのキャンペーンがどうなるのか、うまく機能するのか、予測がつかない面もあります。

(個人的には、ルールや世界観に従って映画「シャイニング」が再現できる唯一のホラー RPG であるという一点だけで、十分に評価できると思います。)

武藤 潤 (Jun Muto)