Kult リリース情報

ここに書かれた情報は事前情報であり、非公式のものや確定していないものも含まれていますので、変更になる可能性は十分に考えられます。御理解の上でお読みください。

更新の各時点で判明している情報をまとめています。

Helmgast版(第4版)関連

2016年2月26日

スウェーデンのゲームメーカーHelmgast ABが、Cabinet Licensing Inc. (旧Paradox Entertainment Inc.)からライセンスを受けて、新たにルールを大幅に変更した英語版ルールブック「KULT: Divinity Lost」を2016年12月ごろを目標に発売する予定のようです。2月25日からクラウドファンディングサイトKickstarterで購入者募集が開始されました(KULT: Divinity Lost - Horror Roleplaying Game (RPG) by Helmgast AB — Kickstarter)。4月1日午前6時(日本時間)締め切りの予定となっています。

2017年9月23日

「KULT: Divinity Lost」の発売予定は(大方の予想通り)大幅に遅れて、2017年12月ということになっています(8月時点での発表で)。PDF版(電子書籍版)はそれより早いタイミングで出したいと考えているようです。

2017年12月23日

「KULT: Divinity Lost」の発売予定はさらに遅れて、2018年2月となっています。一方、キャンペーンシナリオ「Black Madonna」のPDF版のベータ版は11月28日にクラウドファンディングのBacker(支援者)限定で提供されました。正式版リリースはルールブックと同じ2018年2月予定のようです。

また、ルールブックPDF版のベータ版は今月11日の段階ではクリスマス前に出るという話でしたが、その後21日にマスター向けセクションと世界設定セクションが間に合わず来年になる、との発表がありました。そして、プレイヤー向けセクションだけが22日にBacker向けに提供されました。

2018年2月4日

ルールブックのベータ版PDFは、Backer向けにマスター向けセクションが1月15日(日本時間16日)に、世界設定セクションが2月3日(日本時間4日)に提供されました。残念ながら予定通りぴったり(1月中)とはいきませんでしたが、ようやく予告に近い日程で作業が進行するようになったようです。

2018年6月9日

6月8日(日本時間9日)、ルールブックのPDF版がBacker向けにリリースされました。

以前の説明ではDriveThruRPGからダウンロードできるようにするということでしたが、送られてきたメールではRPGNowのリンクが記されていました。DriveThruRPGとRPGNowは運営会社が同じでシステムが共通、アカウントも購入履歴も共通なので、特にそれで困ることはないのですが、そういったことを知らない人はDriveThruRPGとは別にRPGNowのアカウントを作らなければならないのかと混乱しそうです。

リリースが予定より遅れましたが(当初予定より1年半遅れ)、当初の予定が楽観的過ぎたんだろうなという感じでしたので、このくらいの遅れでリリースされて良かったという風に思っています。(Kickstarterのコメントでは繰り返し文句を書いている人がいましたが、その人は当初予定の1年遅れの時点で「2年」遅れなどと、かなりでたらめなことを書いていたので、真に受けないほうがよろしいかと思います)

2018年7月21日

7月19日から20日にかけて(日本時間20日から21日)、リリース予定だった商品の大部分のPDF版(電子書籍版)がKickstarterのBacker向けにリリースされました。キャンペーンシナリオ「Black Madonna」やキャンペーンシナリオ+短編シナリオ集「Taroticum & Other Tales」も含まれます。ルールブックの印刷版に合わせた修正版PDFも提供されました。(印刷版も近いうちに出荷開始できる見込みのようです)

一般向けの販売予定も発表されました。2018年11月にルールブックが「KULT: Divinity Lost - 4th Edition」と題して発売される予定だそうです。

2018年8月1日

KULT: Divinity Lost用のシナリオなどのPDF版が、7月24日付け(?)でDriveThruRPGで一般向けに販売開始されていました(基本ルールブックはまだ出ていません)。メーカーのHelmgastでなく流通を担当しているModiphius扱いになっています。
DriveThruRPG.com - Modiphius - Kult

現時点で販売されているのは、キャンペーンシナリオ「Black Madonna」、キャンペーンシナリオ+短編シナリオ集「Taroticum & Other Tales」、ルール参照カード「KULT: Divinity Lost - Reference Deck」(ちゃんとしたルール説明ではないので基本ルールが無いとあまり意味がない)、これに加えてHelmgast扱いで出ている「KULT: Divinity Lost - Postcards」(印刷してポストカードに使う)です。
(注: すべてAdult Content(大人向け)扱いなので、DriveThruRPGにログインしてAdult Contentを表示する設定にする必要があります)

2018年9月9日

8月31日からPDF版「Gamemaster Screen」の販売が開始されています。すでにDriveThruRPGで販売されているものも合わせて、Modiphiusの通販サイトでもPDF版の販売が始まっていました。各サイトでの通貨レート換算の違いだと思いますが、サイトごとに微妙に価格が異なっていますので、細かい金額が気になる方は注意が必要です。

また、各商品の印刷版の予約はModiphiusの通販サイトで以前から受け付けていましたが、Helmgastの通販サイトでも予約受付が始まっています。

2018年9月21日

20日にKULT: Divinity Lost公式サイトが更新されて、ゲームの簡単な紹介文や商品情報などが掲載されました。ルールブックの一般向け発売予定日は正式に2018年11月21日となっています。Resourcesページではキャラクターシートやプレイヤー向けムーブ(ルール)リファレンスシート(ルールブックの巻末に載っているもの)や短編シナリオ「Oakwood Heights」(シナリオ集「Taroticum & Other Tales」に収録)などのPDFがダウンロードできます。

なお、サイト上にいくつか結構グロいイラストも使用されていますので、苦手な方はご覧にならないほうがいいと思います(ルールブックに使用されているイラストなので、グロが苦手な方はそもそもKULTに手を出さないのが無難だろうと思いますが)。

あと、KULT: Divinity Lostのキャッチコピーは「We live in a world where the sun has set. (我々は陽が落ちた世界に生きている)」のようです。ルールブックの目立つところに使われていたのでそうだろうなとは思っていましたが、初版のキャッチコピー「Death is only the Beginning.」もちょっとだけ使われていたりしたので確信できていませんでした。
(余談: the sun has set を「黄昏」などのようにもっとそれっぽい雰囲気の感じに訳さなかった理由は、今作の副題 Divinity Lost と対になって使われているからです。「We live in a world where the sun has set. Where our Divinity is Lost.」(Kickstarter版ルールブックp.34)ですので、「神(と称するもの)が消えた」と「陽が落ちた」とが同列なのがわかりやすいようにしてみました。自己満足みたいなものですが)

2018年11月10日

Kickstarterへの11月9日付の投稿によると、クラウドファンディング支援者への商品の発送はかなり進んでいるそうです。残りのものも近いうちに発送が終わりそうだということです。

現状、Helmgastからの公式の情報はFacebookのKULT: Divinity Lostページが一番更新が頻繁で網羅的なようです。公式情報の確認はそちらを見ておくとよいのではないかと思われます。

KULT: Divinity Lost - Tarot Cards」のPDF版の販売がDriveThruRPGで10月3日に始まっていました(このタロットカードは特にゲームプレイに必須なものではなく、雰囲気作りのためのアイテムと考えて構いません)。
また、KULT: Divinity Lost公式サイトのResourcesページで短編シナリオ「La Cena」(シナリオ集「Taroticum & Other Tales」に収録)が無償ダウンロードできるようになっていました。

DriveThruRPGアフィリエイトリンク:
(注: 一部はAdult Content(大人向け)扱いなので、DriveThruRPGにログインしてAdult Contentを表示する設定にする必要があります)
武藤 潤 (Jun Muto)